手ぶらで出掛ける気楽さを

くの字に折れ曲がった紙幣をレジのトレーに出すというのが好きになれず、昔から長財布を愛用してきた。

最初に長財布を手にしたのは、高校生の頃だったかと思う。今思えば、結構マセた高校生だったのかもしれない。

長財布であることだけでなく、それが薄手であることも重要なポイントである。ポイントカードやレシートの束を大量に挟み込み、まるでハンバーガーみたいになった二つ折り財布を持っている人をたまに見かけることがある。しかも、それをお尻のポケットに無理矢理突っ込んでいたりするのだが、私には全く理解できない。体に密着させていて、気持ち悪くなりはしないのだろうか。

とはいえ長財布も、お尻のポケットとはそれほど相性がよろしいわけではない。財布の上半分が思いっきりはみ出しているのは、格好悪い以上にかなり危ない(そういう人もたまにいるが)。ジャケットがあれば裏ポケットに収められるが、厚さ極まる夏場は困りものである。頑張って薄手のジャケットを羽織ってみたりもしたが、とても耐えられたものではない。

そんなわけで、 たかだか財布1つのために、長らく鞄を持ち歩くようにしていたのだが、先日、普段使いの小さいショルダーバッグがついに壊れてしまった。ストラップの根本が割れ始め、今にも千切れそうになっている。

新しいものを買うべきかとしばらく悩んだが、パッとしたものも特に見つからない。悶々としているうち、ふと長財布を諦めてみるかと思うに至った。そうすれば、鞄を持つ必要もなくなるのだ。考えてみれば、キャッシュレス化が目覚ましいこのご時世、くの字に折れ曲がった紙幣を取り出すシーンなど、ほとんど無くなったではないか。

そして、ちゃんと探してみれば、薄手の二つ折り財布というのがあるらしい。世の中、同じようなことを考えている人がいくらでもいるものだ。

善は急げとばかりに、その財布を手に入れてみたのだが、今度はカードがあまり入らない。やはり薄さと収納力は両立できないのか。いやしかし、マイカー通勤なので免許証は必須である。クレジットカードだって持たないわけにはいかない。Tポイントもポンタカードもビックカメラもヨドバシも、貯められるポイントはしっかり貯めたい。私は別に、ミニマリストになりたわけではないのだ。

と、色々と悩んだ末、ポイントカードとSuicaはこの際、全部スマホアプリに置き換えることにした。カードは免許証とクレジットカードだけにして、アプリが無い弱小ポイントカードは全て切り捨てる。僅かばかりのポイント欲しさに、お店の選択肢を絞るなんて、むしろ生活を貧しくしてしまうではないか(とポイントアプリを立ち上げながら思うのである)。

こうして私は、晴れて手ぶらで外出できるようになった。鞄がないというのは、こうも楽なものかと思う。そんなに重くはないながらも、あれは私の体を何かに縛り付けるような、動きにくさをもたらしていたのである。

男性ならともかく、手ぶらで出かけることなんて考えられないという女性には、ちょっと賛同が得られない考えかもしれない。でも、これを読んで感じるところがある人は、ぜひ試してほしい。ちょっとした手荷物が、知らず知らずのうちに負担になっていることを、はっきりと感じ取れるのではないかと思う。

紙幣・小銭・カード・家の鍵を入れてもこの厚み。1円玉よりも薄い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました