ハンカチのすゝめ

エッセイ

私はオシャレには疎い。普段からファッション誌を読むこともないし、これといって好きなブランドがあるわけでもない。値段も全然気にはしない。

例えば、靴下は4足990円のユニクロのものを履いている。片方の靴下が傷んだとしても、左右セットで捨てるようなことはしない。右と左が同じ仕立てになっているから、別のペアの片方がダメになったときに、残ったもの同士を組み合わせれば、左右関係なく新しいペアになる。ズボラだろうか? 違う、これはモッタイナイ精神に基づいた合理的な判断である。

話が逸れたが、みすぼらしい恰好でないことはもちろん大前提として、本人の体型やイメージにマッチしたものを身に着けることができていれば、それで充分合格だと思う。その上で、TPOにふさわしい範囲で目いっぱい遊ぶことができればいいわけで、別にお金を掛ける必要はない。これが私の「オシャレ」に対する基本的な考えだ。

では、そこに一点だけこだわりを持つとしたらどうか。靴、ジャケット、パンツ。時計やメガネといった小物類を挙げる人もいるかもしれない。オシャレは足元からと言うが、価値観は人によって様々である。

ここで私は主張したい。こだわるべきは、ハンカチであると。

そんなもの持ってる方が普通でしょう、と思ったあなた。素晴らしい。今後もハンカチ党の一員として、是非その魅力の喧伝にご尽力賜りたい。でも最近は、ハンカチを持たずに外へ繰り出す人も多いのではないか。デパート、コンビニ、駅の構内。今やどこのトイレにも、エアータオルが当たり前のように設置されている。ハンカチを持たなかったことで恥ずかしい思いをすることは、ほとんど無くなったように思える。

だからこそ、敢えてハンカチという提案をしたい。

例えば、とある喫茶店に入り、手ごろな席を見つけて座ろうとしたが、結露したグラスの水がテーブルにベチャッと広がっている、などということがあるとする。前の人が残していったものだろうか。誰だっていい気分はしない。もし自分が退席する際に、そんなシチュエーションを作ってしまうとしたら、それはとても申し訳ないことだ。

ここでおもむろにハンカチが登場する。席を立つ際にテーブルの上をハンカチでサッとさらっておけば、素敵なテーブルに早変わり。なんと気が利く人だろうか。

その喫茶店で席に着いたあなたは、おもむろに腕時計を外したくなるかもしれない。ここ数年、夏の気温はうなぎ登りだ。しかも日本の湿度は高い。おしぼりで顔を拭くサラリーマンはいただけないが、腕回りくらいならまあよかろう。でも、ちょっと待ってほしい。その腕時計、そのまま置いちゃうんですか? いやいや、さりげなくハンカチを敷いておけばいい。テーブルを傷つけまいとする、しゃれた気遣いである。

ハンカチは、デザインやブランドにカッコよさがあるわけではなく、それを持つ人の所作に、気遣いというカッコよさが宿るのだと私は思う。なにも、手にしたハンカチをジャケットの胸ポケットにサッと収めながら化粧室から出てくる姿だけがカッコイイわけではない。

そして何より、ハンカチは安い。1,000円程度出せば、そこそこのブランドのものが買えてしまう。ここぞというときにチラ見せするくらいの方が、ウン万円もする靴やジャケットをドヤ顔で見せつけるよりもずっとオシャレではないか。

ハンカチを持たずとも日々困らないこの時代にあって、敢えてハンカチを持つ。このことは、周りにいるその他大勢からあなたを差別化するきっかけにもなろう。取り敢えずは、結婚式の引き出物でも何でもいい。タンスの中に1枚くらいはあるはずだ。使われずにひっそりと眠るハンカチが、あなたに見つけられるのをきっと待っている。

さあ、今日からあなたもハンカチを持って、街に出よう。

出張で神戸へ立ち寄った際に見つけたハンカチが、今は一番気に入っている。

コメント