今こそ、プラスチックに代わる容器開発を

プラスチックの需要は今後、縮小する見込みらしい。

「プラスチック時代の終わり」が、いま始まろうとしている。
ピークまで、あと7年か…?石油・ガスへの投資はここ数年で下向きになりつつあります。新型コロナウイルスのパンデミックを機に、石油大手のエクソンがダウ...

レジ袋の有料化をきっかけに、プラスチックによる環境破壊が日本でも注目されるようになった。レジ袋自体の削減効果は微々たるものと聞くが、環境配慮のムーブメントが拡大すれば、樹脂の使用量は国内でも減っていくんじゃないだろうか。人口もこれ以上増えることはないのだし……。

容器メーカーに勤める者としては、プラスチックに関わる動向を注視しないわけにはいかない。使い切りタイプの容器も薄型・軽量化が進んでいるし、ボトルよりも詰替パウチを選ぶ人は増えている。樹脂の使用量削減は業界全体のトレンドである。

そして、やはり、いずれはプラスチックをゼロにしなければいけない日が来るんだろうな、と思う。そのためには代替技術の存在が必須となる。

よくあるのはテトラパックに代表される紙容器だ。今展示会に行くと、製紙会社の勢いがもの凄い。強度面が充分でないために従来できなかったことを、素材開発や加工技術の進化によってどんどん実現している。

しかし、それとて代替案としては決定打に欠ける気がするのだ。製紙には大量の水を使うという難点がある。しかも、耐水性の確保には樹脂をラミネートが必要不可欠なため、結局プラスチックへの依存からは脱却できない。パルプ層は分解されても、樹脂層はマイクロプラスチックとして環境へ分散していくからだ。

あとは昔ながらの瓶も再評価されつつあるが、重量があると輸送時の環境負荷が大きいという難点がある。金属容器はリサイクル適性は高いが、原材料の精製時に膨大なエネルギーを消費する。

と、あれこれ考えていくと、結局は量り売りが一番エコだったりするのかなぁと。こんなこと、容器屋が言ってはいけないのだが。

まあ、立場をわきまえるなら「量り売りに負けないエコ素材を使った容器を開発しなさい」ということだろうか。利便性を考えたら、やっぱりワンウェイに勝るものはないのだから。

コメント