キラキラネームの背景を考えてみた

妻が妊娠した。安定期に入ったわけではないので知人・友人には公表していないが、アクセス数の少ない当ブログなら何を言ったって構わないと思って、ここではぶっちゃけてしまう。プライベートでお付き合いのある方は、お察し願いたい。

そんな経緯から先日、ある書店に立ち寄った際、名前辞典なるものを初めて手にしてみた。漢字1字をピックアップし、どんな意味が込められているかをサラッと解説した後、その1字を用いた名前をいくつか列挙するというものだ。平積みにPOP付きと、そこそこ売れている様子である。

ところで、国語学者でもない一般人が、キラキラネームに代表されるああも難しい漢字を、一体どこから、どうして引っ張り出してこられるのか。以前から不思議に思っていたのだが、今回その本を手にしたことで長らく抱いていた疑問が氷解した。

本には今風の難読文字を多用したキラキラネームがずらりと並んでいた。驚いたことに著者の名前もなんだかキラキラしている。というか、そもそも国語学者ではなく、占い師だという。後から調べてわかったが、名付け本だけで100万部以上を売り捌いてきたらしい。キラキラネームは、この人がブームの火付け役だったのではないか?

今時は、自分の子供や子供の個性をより際立たせたいと願う親が多いと聞くが、こういう本が売れるというのが、まさにそれを色濃く反映しているように感じる。一方で、出版社側もそれに乗じて、内容をよりエスカレートさせている可能性はないのだろうか。収載された字やそれに関わる名づけ例を、さして深く考えずに安易に採用する親もいるかもしれない。

名前の付け方など人それぞれではあるが、普通はまず「どんな子に育ってほしい」みたいな前提があって、身近にいる恩師や尊敬できる人から一字貰ったりしながら熟慮に熟慮を重ね、少しずつ決め込んでいくものだと私は思う。そうした手順を踏めば、そもそもキラキラネームにたどり着くことなどないはずである。

にもかかわらず、世の中はキラキラネームで溢れている。つまり、奇妙な名前ばかりを連ねたカタログから気に入ったものをピックアップして、その理由を後付けしている人が結構多いということではなかろうか。しかしそれは、製作者側の価値観がわが子の名前に織り込まれてしまうというリスクをはらんでいる。キラキラネームを付けることは手軽さを伴う「ファッション感覚」だと批判されることがしばしばあるが、それ以上に、日本人の名前に一部の出版関係者の価値観が強く影響するという、文化的に根深い問題が横たわっているような気がしてならない。

コメント