仕事とプライベートの切り分け

スズキ自動車で発生したラジオ体操の賃金未払い問題。あの件を受けて、ほとんど同じようなことをやっていた私の会社でも是正に向けた議論を始めることになったらしい。社会的に問題視されるまで放っておく姿勢はどうかと思うが、問題に正面から向き合おうとしたことは評価できる。

ところで、出退勤の前後には、仕事ともプライベートともつかぬ、非常に曖昧な時間がある。まずは通勤がそうだし、製造業で言えば、くだんのラジオ体操や作業服への更衣も当てはまる。通勤には手当てがつき、万が一事故にでも合おうものなら労災まで下りるというのに、通勤そのものは仕事ではないとするのが世の共通認識である。

もっとも、通勤を就業時間扱いにしてしまうのは、労使どちらにとっても都合が悪い。退勤後の寄り道が認められないような話になってしまうので、今のままの方が我々下っ端にとってもありがたい。しかし、更衣となるとちょっと微妙である。個人的には、タイムカードを切った瞬間からを仕事の時間とするのが一番わかりやすい落としどころのような気がする。

ところで、仕事ともプライベートともつかぬシーンをどちらに組み入れるべきかは、人によって様々な意見があると思う。雇い主としては、生産性のないところに賃金を支払うつもりなど当然ないわけで、曖昧な部分は極力プライベートの領域に追いやってしまいたいはずだ。

一方、従業員側は、個人の考え方に強く依存しているはずだ。「自分の人生、仕事でできてます」なんて人は、曖昧な部分がどっちに組み込まれていたって全然関係ないので、それほど大きな不満にはなりにくい。就業時間前のラジオ体操が問題として提議されるまで、過去こうした議論が噴出しなかったのは、人生の目標≒出世というわかりやすい構図が、世の中の共通認識として成り立っていたからではないかと私は思う。「24時間戦えますか」を地で行っていた過去の人たちは、まさに人生が仕事でできていたのである。

しかし、今は違う。「会社での仕事は人生の一部分でしかない」と考える人も数多くいるはずだ。彼らにとって、自分の好きにできず、かといって賃金も発生しない時間など、可能な限り削り落としたいと考えるだろう。労働のあり方が実力主義にシフトしている現代において、スキルアップや自己啓発に時間を割きたいと願う人は多い。

今回の賃金未払い問題は、年功序列から実力主義にシフトしている社会的背景に加え、働き方改革が議論される時代の潮流にたまたま合ってしまったことが、クローズアップされた理由の1つだと見ている。仕事とプライベートの切り分けに関する議論は、今後ますます活発になっていくのではないだろうか。

在宅勤務が社会的に浸透した暁には、通勤時間が賃金支払いの対象にならないのは不公平だと本気で考える人が出てくるかもしれない。

コメント