SNSとの付き合い方

「高収入の人ほどFacebookの友だちが多い」というような内容の記事を、過去に読んだことがある。友人1,000人超えを目指すメリットの説明などといった、概して下らない内容だったが、その中の一節に、妙に目を惹かれたのを覚えている。

「現実の世界で付き合いのある人としか繋がりを持とうとしない人がいるが、それはもったいない。SNSは新しいコミュニケーション手段なのだから、それをもっと活用しない手はない」

確かそんなことが書いてあったかと思う。まるで私のことを言い当てているかのようだ。元記事をリンクできればいいのだが、残念ながらどこにあったのか、記憶にない。

SNSがネット上に緩いつながりを形成するものであるということは、頭では理解しているのだが、タイムラインに並んでいる数多の情報のうち、実際に重視しているのはやはり現実世界の知人・友人ばかりであって、対面で会話したことのない他人と繋がることには、私はどうにも抵抗感を覚えてしまう。

mixiに代表される初期のSNSは、実社会の繋がりをネット上に再現し、やはり実社会におけるコミュニケーションをより活発なものにするような位置づけであったように思う。実社会のプライバシーを保護する必要があるため、ネット上のコミュニティは自然と閉ざされた系になる。そしてそこはムラ社会に属した時のような、ある種の居心地の良さみたいなものを感じたものだ。

だがtwitterやFacebookによって、SNSの意味合いはすっかり変わってしまった。見ず知らずの他者と次々繋がる事を前提とするシステムが、旧来の考え方をどんどん侵食している。友達の友達や赤の他人と仲良くするなんて性に合わない、と言ってSNSを離れていく人も多いが、SNSを自分に合わせるのではなく、SNSに合わせて自分の考え方を柔軟に変化させなければ、時代についていくことはできないのかもしれない。

そう考えるようになって以来、僕も少しSNSとの付き合い方を変えてみて、見ず知らずの他人との繋がりを楽しんでみようと思うようになった。「若いころはよかったんだけどなぁ」などと、まるでバブルを経験したオジサンたちのようなものの言い方を将来しないためにも。

コメント