自己啓発本に惑わされる人へ

数年前まで、僕は自己啓発本を乱読する生活を送っていた。

開発業務から品質管理に職務が変わって数年が経ち、経験自体はそれなりに積んできてはいた。しかし、品質管理におけるいわゆる王道スキルを活用するような職場でもなく、仕事がやけに中途半端なものに感じられていた。社会人としてこの先も通用し続けられるかどうか分からず、かといっていきなり転職するような勇気もない。何もできない自分に対して、ただ苛立ちだけが積もっていく。半ば救いを求めるようにしてすがったのが、自己啓発本だったのである。

自己啓発本とは不思議なものだ。読んだ瞬間から、まるで自分が成長したかのような錯覚を覚える。書いてあることを実践しないと血肉にならないのに、読んで満足してしまう危うさもはらんでいる。実のところ、1度読んだきりという人は多いのではないだろうか。そうでなければ、毎年毎年、ビジネス書籍のランキングが自己啓発本で埋め尽くされる理由が説明できない。皆、同じところを堂々巡りして、似たような本を蒐集しているだけではないのか。かつての僕のように。

今の自分なら、こう言い切ることができる。世の中を上手く渡り歩いていくために本当に必要なことは、自己啓発本に書いてあるような小手先のお手軽テクニックなんかではない(全く無いとは言わないが、間違いなく重要なところではない)。

朝型に切り替えて自分磨きに勤しんでみたり、価値のない飲み会を片っ端から切り捨ててみるのも悪いことではない。しかし、例えば個人(自分自身)や集団(所属する組織)の「あるべき姿」が容易にイメージできたり、そこに向かってどうアプローチしていくかを表現できたりすることの方が、もっともっと大切だ。連鎖する問題に直面した際には対処療法に終始せず、元を断つためにどう動くかを常に考え続けられる。そういう思考こそが、本当に求められていることだ。

そしてそのためには、物事や自分自身を客観的に見つめるスキルが求められる。立ち居振る舞いだけではない。考え方も含めての話だ。そのために読む本とは一体何か? 色々あるとは思うが、少なくとも自己啓発本のような、字面をそのまま実践するようなものではない。

ところで、あなたはホリエモンの著作を読んだことがあるだろうか。彼は年に何冊も自己啓発本を上梓している。しかし僕は、彼の著作は1冊読めば充分だと思っている。彼はとてもシンプルで、そしてまっすぐだ。とにかく主張が一貫しているので、何でもいいから1冊読めば、彼の考え方は大体理解できる。書籍ごとに論点は異なるのだろうが、それはごく表面的なことでしかない。

なすべきは考え方を学び取ることであって、字面を追い、猿真似をすることではない。ホリエモンの出版物は必ずと言っていいほどビジネス書籍の売上げ上位にランクインしているが、何冊も購入している人は、それこそ彼の思う壺にはまっているということに早く気付くべきだと思う。

ただ、一方で、今の若い人、例えば卒業して間もない新社会人や、そろそろ後輩が入ってくるくらいの人には、別の目的で自己啓発本を手にしてもらいたい、とも思う。ホリエモンだっていい。たくさん乱読していると、そのうちだんだん飽きてくる。同じことばかりが書いてあって、どれも薄っぺらく見えてくるのだ。そしてついには、そういう読書があまり効率的ではないということに気付く。でも、それでいい。それに気付けたということは、即ち成長したということだからだ。大切なのは、本に書かれていることを盲信しないこと、そして目の前にある仕事にもちゃんと向き合うことだ。

何かを学ぶために本を読むのであれば、書いてあることの一字一句を追いかけるのではなく、そこに至る著者の考え方やコンセプトを透かし見抜くことが重要だ。そして、そういうことを目的とする読書ならば、別に自己啓発本でなくてもいい。もっと良い本、読むべき名著は、世の中にたくさんあるはずだと、僕は思うのである。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close