仙台に引っ越しました

この度転勤が決まり、仙台へ引っ越すことになった。というか、引っ越して既に3ヶ月が経っている。バタバタしているうちに年末年始を迎えてしまい、それでも片付けが終わらず、ようやく今になってこんな報告記事を書くに至った。

元々は、工学研究科の院卒というバリバリの理系である。開発職志望ということで現在の会社に就職したのだが、「開発するなら現場も知らなきゃね」と言われ、開発棟のある横浜から豊橋に放り出された。それが7年前。時が来ればまた開発畑に戻るものと思い込んでいたのだが、待てど暮らせどお声が掛からない。こりゃあ永住確定だわ、と腹を括ろうとしていた矢先、ついに転勤が決まった。ただし開発に戻るわけではなく、やることは相変わらず品質管理である。もう開発は無理なんかなあ。

新天地に赴任するにあたり、色々と環境が変わってしまった。取り扱う製品が全く違うこと、人の繋がりが殆どリセットされてしまったこと、役がついてしまったこと。そして、一時的ではあるものの、妻と離れ離れになってしまったこと……。まぁ新しいことに挑戦するのは嫌いではないし、与えられた立場を楽しむことも必要なことだと思っているので、どっしりと構えていくべきか。でも妻には早く来てもらいたいっす。

ところで、仙台は院生時代を過ごした場所でもある。当時はお金も車もなく、あちこち散策することもままならなかったのだが、完全に土地勘が無いわけでもない。冬の寒さを乗り越えられれば大変過ごしやすい気候だし、何より食べ物が最高に旨い。せっかく遠方に居を移してきたのだから、この機に東北を満喫しない手はない。

そういえば、このblogは写真を発表するために立ち上げたはずだったのだが、リニューアル以降すっかりエッセイ投稿サイトになってしまった。妻の転勤を4月に予定しているので、こちらに来るまではあちこち観て回るのを控えているが、時期が来たらまた撮りに出掛けることにもなるだろうか。うーん、なるといいなぁ……。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close