SNSとの付き合い方を再考する

少し前に、「高収入の人ほどFacebookの友だちが多い」というような記事を読んだ。友人1000人超えを目指すメリットだとかが書いてあって、内容は全般的に下らないものだったのだが、とある一文にハッとさせられた。

「現実の世界で付き合いのある人としか繋がりを持とうとしない人がいるが、それはもったいない。SNSは新しいコミュニケーション手段なのだから、それをもっと活用しない手はない」

ハッとした割に詳しくは覚えていないのだが、確かそんなことが書いてあったかと思う。元記事をリンクできればいいのだが、残念ながらそれすらも記憶にない。

ところでこの一文は、割と僕にも当てはまっている。「SNSはネット上に緩いつながりを形成するもの」というのは理解しているのだが、タイムライン上で重視しているのは現実世界の知人・友人ばかりで、対面で会話したことのない他人と繋がることには、どうにも抵抗感を覚えてしまう。

SNSは当初こそ、実社会の繋がりをネット上に再現し、実社会におけるコミュニケーションをより活発なものにするように活用されてきた。例えばmixiはその代表と言えるかもしれない。そこはあくまでクローズドの世界であって、実社会のプライバシーが保護された環境にあった。そしてそこはとても居心地のいいものだった。

だがtwitterやFacebookの台頭で大分その役割が変わってしまった。見ず知らずの他者と次々繋がる事を良しとするシステムが、対面前提という考え方を維持することをだんだん難しくしてきている。友達の友達や赤の他人と仲良くするなんて性に合わない、と言ってSNSを離れていく人は多い。だが、SNSを自分に合わせるのではなく、SNSに合わせて自分の考え方を柔軟に変化させなければ、現代のSNSには最早ついていけないのかもしれない。

SNSは今後、僕たちの日常生活にどこまで浸透してくるのだろう。やがては、学校や職場、地域社会といった実社会のコミュニティーに並ぶもう一つの存在として、広く認知される時代が来るかもしれない。そうなったとき、SNSに対する認識を古いままにして柔軟な考えを持つ若い世代たちと対等に渡り合えることが、果たしてできるだろうか。

先の1文を目にして以来、僕も少しSNSとの付き合い方を変えてみて、見ず知らずの他人との繋がりを楽しんでみようと思うことが増えた。SNSには承認欲求との戦いという別の問題もあるのだが、それについては気が向いたときに改めて考察してみたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.